結婚式の準備はいつから始めたらよいか気になるところですが、基本的にいつでもよいことになります。結局は、結婚式の希望によっても異なりますので1年前に始めたのよいですが、3カ月くらい前からでも問題ありません。ただ、さすがに参加者の希望などを聞いていけば3カ月以上前にしておくのが常識になります。社会人に対して、1か月前の段階で結婚式をやりますので来て下さいと述べたところで誰も参加しないでしょう。たまたま、空いている人が参加する程度で非常識な人と思われてしまうのがおちです。そうだとすれば、逆算すると半年ぐらい前にすでに告知をしておけば特に文句を言われるようなこともありません。それ以外でも、準備の段階としてさまざまなものを決めていかなければなりません。

決めることの一つは、衣装などになります。どのような衣装にするかは男性の場合それほど迷いませんが女性の場合はよく迷ってしまう可能性が高いです。それ以外でも、どのような流れにするかや予算がいくらくらいになるのかを決めておく必要があるわけです。しかも、自分が希望した日が必ずあいているとは限りません。やはり多くの人は1年程前から用意をしはじめますので、必ず希望日に結婚式行うことができるとは限らないわけです。

このように考えれば、少し余裕を持って1年ぐらい前からスタートするのがよいでしょう。まず最初に行うべきは、式場を見つけることです。都会の場合たくさんの結婚式場がありますが、田舎になるとそれほど多くのところはありませんので要注意になります。

後は、予算がどの程度になるかが問題になりますが、これに関してはピンからキリまでありますので自分たちの負担がない程度に考えておくとよいです。どうせご祝儀をもらうのだから多少高くても問題ないと考えるといざご祝儀の内容が少なかった場合は、不平を述べることになるかもしれません。そのようなことを期待せず、見返りには一切なしで結婚式を開くようにするべきです。

カテゴリー: 結婚式準備